査定のポイント|いらなくなった電動工具は買取ってもらうのがおすすめ|ロゴロゴロ

不要になった重機を買取ってもらうときに重要視されるポイントとは

査定のポイント

重機

査定の目安となるアワメーター

重機を買取ってもらうときには買取業者による査定が行われますが、このときに一番重要視されるのが「アワメーター」です。アワメーターは一般的な自動車の走行距離を表すメーターと同じような役割を持ったもので、その重機を使用した時間を確認することができるメーターです。

小型のユンボの場合

重機の代表的存在である小型のユンボの場合、アワメーターは3000時間が目安にになってくるといいます。これは、小型ユンボの場合アワメーターが3000時間を越えるとどこかしらに不具合が出てくる可能性が高まるためだと言われています。

4000時間を越えると査定にひびく

目安となる3000時間を越え、さらに4000時間も越えてしますと査定の金額が大きく下がります。ものによっては100万円近く下がることもあるようなので、近々売却予定の重機がある場合は4000時間を越えないように気をつけましょう。

重機買取について

どんな重機でも買取ってもらえるの?

どういった重機を買取ってもらえるかについては業者によって異なってきます。ですが、ほとんどの業者では小型のものから大型のもの、新しいものから古いものまで、ありとあらゆる重機を買取してくれます。まずは問い合わせてみるといいでしょう。

ディーラーに売った方がいいんじゃないの?

ディーラーに買取ってもらうよりも、重機買取専門の買取業者に買取ってもらった方が高値がつくことが多いようです。ディーラーは、再販が出来なかった場合のリスクを嫌がる傾向が強いと言われているので、専門の買取業者に比べると買取金額が低くなってしまうわけですね。

無料で査定してくれるの?

これも業者によって異なりますが、基本的に査定は無料です。査定の方法も様々ですが、査定してもらった金額に納得いかない場合はキャンセルすることも可能です。まずは査定してもうらことをおすすめします。

サビている部分は減額の対象になりますか?

もちろん、綺麗な状態であればあるほど買取金額は高くなりますが、多少のサビでそこまで大きく減額されることはありません。自分で落とせるようなものであれば落としてから査定に出すのもいいでしょう。